0800-888-0109 営業時間/10:00~18:00定休日/毎週火曜日・水曜日

K様邸(夫婦二人、二世帯住宅) ときめくようなマテリアルの質感と こだわりのディテールに包みこまれる空間

ふわっと包みこまれるような、リビング・ダイニングの大空間。

リビング・ダイニングの扉を開けるとシルクのようなやわらかで伸びやかな大空間にふわっと包まれる。

リビングの一面には『漆喰を特殊な左官仕上げ』に施した真っ白な壁が広がっている。職人の手仕事を感じさせる味わいのあるやわらかな表情だ。南面に広くとられた庭につながる多面的な窓はアール状に広がるコンサバトリー(建物から張り出したガラスの空間)になっており、真っ白なレースのカーテン越しに白いテラスと庭の緑を美しく映している。リビングにはアール状の出窓があり、真っ白なレースのカーテンで閑静な街並みとやわらかく繋がっている。

上を見上げれば天井が丸く折上げられており、折り上げた部分が水面を映したかのような淡いブルーグリーンとなっている。周りの天井の色である白に比べ、折り上げ部分に色を使ったことで遠近法の作用が働き、より天井の高さを感じる工夫が施されている。天井近くの壁面を照らす間接照明のやわらかな灯りは、空間に広がりを感じさせ奥行きとリズムを生みだしている。

リビングの横に広がるダイニングには掃き出し窓がある。品格のあるピンクのバラの刺繍が施された美しいレースのカーテン越しに穏やかな庭のテラスが広がっている。ダイニングにもアール状の出窓があり、かわいらしいタッセルでとめられた白いレースのカーテンの前にはたくさんのご家族の写真が飾られている。

床はカリン材の落ち着いたトーンとなっており、白い天井・白い壁・白い家具のこの空間に安定感をもたらしている。

カーテンレールや2階に延びる階段の手すりにはシンプルな装飾が施されたアイアンが使われ、空間のアクセントとなっている。

こだわりを貫き通せるのが、注文住宅アライエ

こだわりを貫き通せるのが、注文住宅アライエ

機能性高いキッチンでご主人が腕をふるう、プロ級の中華料理

「前の家が暗い部屋が多くて、とにかく陽当たりの良い住まいにしたかったのです。」3方向に設けられた出窓や掃き出し窓などの開口部、特に南側に広がるコンサバトリーはご主人の強い要望だった。

そして『アライエ』の建築家は、その要望を踏まえ、天井・床・壁の設え、外光の採り入れ方、照明、カーテンに至る細部まで計算しつし、空間の広がりとやわらかさを演出した。

明るく広がりのある空間でありながら、まるで上質な繭の中で優しく守られているかのような安心感に包まれたこのリビング・ダイニング。元より家は子どもたちを育むものだが、この空間はまさにそれを体感させる。繭の中でシルクに包まれるような空気感を纏い、人の心を結び、ほぐし、解き放っている。

凛として立つ優美な佇まい。家族の想いをつなぐ提案力。

リビングのコンサバトリーのカーブを2階まで延ばし塔状にすることで建物全体の外観にリズムが生まれた。またリビング・ダイニングに使われている漆喰模様やアイアンといったマテリアルやデザインモチーフも外壁に使用し、内と外とを連続させた。美しい田園都市の街並みの中、凛として優美な佇まいを魅せている。

漆喰模様は玄関を開けた正面の壁にも使われている。この壁にはスクーバダイビングの趣味をもつご主人が大好きな海のリトグラフが飾られている。まるで波が打ち返す珊瑚の砂浜のようにも見えるこの漆喰模様。でも、実はそのデザインモチーフは海ではなく、音楽だった。

幼いころからピアノを習ってきた奥様は、音楽が近くにあるというのは、呼吸するのと同じくらい普通なことだという。勤務されている音楽関係の出版会社で、扱っている本の中にピアノの鍵盤や楽譜をモチーフとしたレリーフを見つけ、『アライエ』の建築家にこれをどこかに使いたいとご要望された。『アライエ』の建築家はそれを手がかりにこの漆喰模様を考え出し、家全体のキーデザインとした。

南側の庭をなるべく広くとり、室内への陽当りをよりよくしたいというH様のご要望で、建物は北側にめいっぱい寄せて建てられた。H様は、御夫妻共に車を持つため、建物の北側にビルトインカーポートを設け駐車スペースを確保した。H様の家の天井高は1番高いところで約2,800cmとなっているが、ビルトインカーポートを設けたことでこの部分の1階の天井高は約2,400cmとなってしまう。しかし、ここを『ピアノの部屋』として使い方を限定して利用することにより、天井高が確保できないことを逆手に取り、集中して練習ができる空間にすることができた。

奥様が小さな時にお父様が苦労して見つけて来てくれたマホガニーのグランドピアノが、この防音仕様となっている『ピアノの部屋』に置かれている。この春には奥様と娘さん2人の連弾を発表会で披露するのだそうだ。この家はそんなご家族の想いをも継承している。

家族の要望をくみ取り、それを納得のいく形に昇華させていく。『アライエ』の建築家の一歩進めた提案で家族の想いをうまくハーモニーさせることができた。

外に、上に、伸びやかな広がりをもつリビングダイニングキッチンには、シルクのようにやわらかな時間がただよう 外に、上に、伸びやかな広がりをもつリビングダイニングキッチンには、シルクのようにやわらかな時間がただよう

  • 将来を見越したプロの提案が嬉しい

  • 将来を見越したプロの提案が嬉しい

  • 将来を見越したプロの提案が嬉しい

建売り戸建てに住んでいたからこそわかる、
『アライエ』の注文住宅の価値。

機能性高いキッチンでご主人が腕をふるう、プロ級の中華料理

H様は建売り戸建てからここ『アライエ』に住み替えた。子どもが生まれる前、住宅ローン減税が始まった年に買った家だった。

「以前住んでいた家で一番不満を感じていたのは“間取りに自由がない”ということでした。時を経たことにより私たち家族の生活スタイルも変わり、間取りが合わなくなってきていました。“生活スタイルを家に合わせる”のではなく、“私たち家族の生活スタイルに合った家”に住み替えようということになったのです。」建築家と構造的なことや動線の良さなどをいろいろと相談しているうちに、自分たちの望む住まいを手に入れるためには注文住宅にするしかないと思うようになったという。

「注文住宅にすると決めたら、次から次へと要望が湧いてきました。結果的には注文住宅にして大正解でしたね。私たち家族の生活スタイルにジャストフィットしたかけがえのない家となり、とても満足しています。一度、間取りの自由に限界がある建売り戸建てに住んだからこそ、この『アライエ』の注文住宅の価値がわかります。」と御夫妻は言う。

機能性高いキッチンでご主人が腕をふるう、プロ級の中華料理

『PP分離』と『コミュニケーション動線』

プライベート(P)とパブリック(P)の動線やスペースを区分けすることをPP分離という。H様のお宅はこの『PP分離』がしっかりとなされているだけでなく、家族の間の『コミュニケーション動線』もしっかりと計算されている。

1階リビングはパブリックスペースとして、不意な来客があっても迎え入れることができるよう、いつもきれいに整えられている。2階には家族だけのプライベートスペースとして、主寝室、子ども部屋、洗面・浴室だけでなく、階段を上がったところに家族だけがくつろぐファミリーリビングを設けた。奥様が家でほとんどの時間を過ごすのは、キッチンか、この2階のファミリーリビング。階段が玄関ではなく、キッチンから目の届くリビング内に設けられているので、子ども達が帰ってきて自分の部屋に入るまでに奥様に必ず会うような動線となっている。

「食事の時以外は、私はほとんどこの2階のファミリーリビングにいます。働いているのでお客様が立ち入らない、気兼ねなくいろいろなものを出しっぱなし、しっぱなしにしておけるこんな空間が前からずっと欲しかったのです。」洗濯物などの家事だけでなく、パソコン作業や事務仕事をこなすデスクもある頼もしいスペースだ。息子さんも勉強の合間にファミリーリビングで気分転換をしている。娘さんが奥様に学校であったことを話したりする。リラックスした家族のコミュニケーションスペースとなっている。

玄関は広く真っ白なタイルが美しい。実はこの空間のすっきりとした美しさを保てているのも、脇にファミリー専用玄関のようなシューズインクロークがあるからだ。

玄関のタタキからつながるその扉を開くと、靴をぬぎっぱなしで上がり、コートを掛け、手洗いうがいできる家族専用の動線が確保されている。家族の雑多なものはすべてその中に押し込めてしまえるのだという。

この家の特等席、浴室で雪見酒。こんなに家って自由にしていいんだ!

この家の特等席、浴室で雪見酒。こんなに家って自由にしていいんだ!

こだわりの空間は人が集う場所となった。

昨年夏、海外の仕事関係者が家に遊びに来た時にも、すごくいい家だとほめられた。天井が高いので身体が大きな欧米人がいても違和感がなかったそうだ。剣道を習っている息子さんがちょうど帰ってきて、素振りの型を彼らに教えた。剣道の構えができる天井高、広さがあるのだ。

「年賀状にこの家の写真を載せたら、遊びに来たいと皆に言われ、多くの友人がたびたび訪れてくれるようになりました。」

暖かい時期はオーニングを出してバーベキューパーティーをする。オーニングも大きいものをテラスにあわせて設置した。リビングとダイニング、テラスと庭が一体となるので、とてもゆったりとしたパーティースペースとなる。

娘さんの友達が来たときには、キッチンカウンターに腰かけ、おやつを食べ楽しくおしゃべりをしている。息子さんが友達を6~7人も連れてきて、リビングで遊んでいることもある。

こだわりの空間は大人だけでなく子どもも友達をたくさん連れてくる、人が集う場所となった。

この家の引き渡しを受けた後、ご主人はしばらく、海外に単身赴任となった。ご主人は、自分がいない間に“妻と子どもたちだけで暮らす家として安心だった”だけでなく、ご自身にとっては、“心安らぐ『帰ってきたい家』だった”という。

「この家があって本当によかった。定期的に帰ってくることを楽しみに、赴任先での慣れない仕事もがんばれました。」ご主人は帰国してからまもなく1年。この家で初めてゆっくりと春を迎える。

繭の中で守られているような伸びやかで優しい空間を持つH様の家。大切な家族、隣人たち、そして友人と至福の人生の豊かさを綴る空間、ご家族の心が微笑む住まいだった。

この家の特等席、浴室で雪見酒。こんなに家って自由にしていいんだ!

この家の特等席、浴室で雪見酒。こんなに家って自由にしていいんだ!

この家の特等席、浴室で雪見酒。こんなに家って自由にしていいんだ!

店舗のご案内

東急電鉄アライエセンター(美しが丘住宅展示場 併設)

「たまプラーザ」駅北口徒歩8分。
東急沿線で上質さと心地よいセンスに彩られた邸宅を。

〒225-0002 神奈川県横浜市青葉区美しが丘2-23-3
※駐車台数には限りがございます。予めご了承ください。

「イデアリーナ」住宅展示場

※完全予約制ですので、事前にお問い合わせください。

お問い合わせ先 0800-888-0109

携帯電話・PHSからもご利用になれます
■営業時間/10:00~18:00
■定休日/毎週火曜日・水曜日

アクセスはこちら